フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« ありね山荘 | トップページ | 久しぶりに出動するも »

2009年3月25日 (水)

鶯宿温泉 至福の宿 『川長山荘』

名湯「鶯宿温泉」の由来

大正年間(約400年前の開湯

その昔、傷ついた一羽の鶯が湯にひたって傷を癒していたことから鶯の宿と名付けられた。

その後、鶯宿と呼ばれ、鶯宿温泉になったと伝えられています。

元湯 源泉 至福の宿P3250011 『川長山荘』

泉質 アルカリ性単純硫黄泉 ph 8.9

湯温 51.9℃

湧出量 毎分475リットル 源泉100%掛け流し

効能 高血圧・動脈硬化

飲用 糖尿病・痛風ほか

入浴料 500円

内風呂は総檜、露天は石造りの湯船に屋根がかかっているP3250006

露天入浴を楽しみにきたのですが、今日は一週間に一度の湯の総入れ替え日

まだ湯が少ないです  

露天に寝ころんでの入浴

これも また風情がありますが、内湯の湯船からはお湯が溢れているのを見ますとやっぱり残念かな

入浴中に外からバイクの音

そういえば、2階渡り廊下の下屋にマグナムがありましたが・・・

帰り際に持ち主(従業員の方)がいましたので、しばらく談笑

やはり、最近 遊び歩いているとのことですよ(笑)

今日は雪降りなので、しばらく様子見だな~との締めくくり 

« ありね山荘 | トップページ | 久しぶりに出動するも »

温泉」カテゴリの記事

コメント

露天の雰囲気がよさそうですね~♪

仕事上がりに温泉行けるってうらやましいです
こちらからだと一日がかり

またまた、温泉紹介でした。
ここも、ボディペインティングOKですのでお薦め!
前日の疲れをとるのは最高です。
そちらからだと やはり、入浴後の帰路はきついですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶯宿温泉 至福の宿 『川長山荘』:

« ありね山荘 | トップページ | 久しぶりに出動するも »