フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« アルプスみたいです・・・ | トップページ | 暖かい日差しに誘われて »

2010年11月19日 (金)

「光陰如箭」

地元の新聞に掲載されていました。

盛岡市鉈屋町の『千住院』の「シキザクラ」
春先と晩秋の年2回、開花するそうです。
今月いっぱい、お花見が出来るとのことでした。

なので、さっそく訪問

1s5

3s7_2

2s6

光陰、矢の如し
月日は飛び去る矢のように瞬く間に過ぎ去って行きますネ

鉈屋町界隈は、小学校時代を過ごした場所
ちょっと回想します。

「母校の大慈寺小学校」
1930年5月大慈寺尋常小学校として創立
杜陵尋常小学校区より神子田・川原町の3カ町
城南尋常小学校区より上小路・水原町の2カ町
を合わせて学区として第5学年以下の児童582名を収容して開校

4s3

盛岡市内にはいろいろな清水が沸いています。
ここは「青龍水」

祇陀寺(ぎだじ)と大慈寺が水源
雛壇形式の箱で造られ、飲み水、米研ぎ、洗い水、足洗いと区切られている。
「大慈清水」は以前に御紹介しましたネ

5s4

「町屋」
通り(道路)に沿って横に連なる集合住宅
間口が狭く、奥に長い短冊状の町割
街路に面した表から裏に通じる土間(ろーじ)に沿って、
「見世」・「常居」・「座敷」・「縁側」が並んでいる。

ここも以前、紹介したような(^^ゞ

6s2

昭和26年(1951年)に建てられた建物はありませんが
ここは新築されました「盛岡市消防団第二分団屯所」
大慈寺地区コミュニティ消防センターとの併設

7s1

「十六羅漢」
南部藩時代に起こった飢饉の犠牲者を供養するために建立
今はない、宗龍寺境内跡に残る21体の石像(五如来と十六羅漢像)
1837年に着手、13年目の1849年に完成 

8s13

「盛岡八幡宮」
延宝8年(1680)、南部藩主第29代南部重信公により建立
盛岡八幡宮に祀られている神は、品陀和気命(第15代応神天皇)

9s12

鉈屋町から八幡町まで足を延ばしたので・・・
次は葺手町まで、ここは中学生時代を思い起こします。

「盛岡そば処東家本店」
創業が明治40年
割烹料理、そば料理・・・特にわんこそばが有名

お昼の時間となりました。
手打ちのもりそばと牡蠣蕎麦を堪能

10s9_2

11s11

そして「食楽日和」でのエゴマ醤油ソフトクリーム
これも、以前に御紹介

12s9_2

13s9_1

長くなりましたが、久しぶりに散策
脳の海馬の記憶が鮮明に蘇ってきました。

今日の天候は晴れたり、曇ったり
最高気温13.7℃

暖かく、そして懐かしい一日でした

« アルプスみたいです・・・ | トップページ | 暖かい日差しに誘われて »

5(2)-ZRX(元壱号機)」カテゴリの記事

コメント

どの写真も貸し切り感があっていいですね

駐車禁止の貼り紙の前にバイクを置いての撮影には
ちょっと笑えました

わんこそば食べてみた~い

風情のある建物にバイク
バイクが更に引き立つね

♪しんちゃん
城下町、盛岡
なんとなく風情が♪
でも、そのおかげで道路が狭隘、L字がいっぱいです(^^ゞ
駐車違反、バイクも車と同じく検挙されますネ
でも、盛岡でバイク駐車違反はまだ聞いたことがありません(笑)

♪まみちゃん
わんこそば・・・しばらく食べていません。
実は、この時食べようかと思いましたが・・・
でも、心して食べないとせかされま(^^ゞ
難しいのはやめるタイミングですよね(笑)

バイク見飽きませんか・・・・

盛岡界隈本当にこうして見させてもらうと
色々見て歩ける所あるんですねぇ~
私はまだ、全然盛岡の事しらなすぎると思いました。
反省(笑)

♪こましゅん.パパ
改めて見渡せば、盛岡は城下町
なので道路事情は決してよくありませんが
いわれのある場所がいっぱい

水の豊富な盛岡
綺麗な水があるからこそ鮭の遡上
引いては、美味しい鮎が食べられますネ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「光陰如箭」:

« アルプスみたいです・・・ | トップページ | 暖かい日差しに誘われて »