フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 鉛温泉 『藤三旅館』 | トップページ | オールシーズンジャケット »

2011年2月19日 (土)

青豆しとぎ

旧伊達藩では未成熟な大豆を使用した『ずんだ』が有名ですが・・・

旧南部藩に伝わった青大豆を使った郷土のお菓子『青豆しとぎ』があります。
『豆しとぎ』は神様に捧げる食べ物としてお供えされ、特にお正月、雛祭りのおめでたい食べ物として
そのうちに、おやつとして頻繁に作られてきたようです。

S

「しとぎ」とは、米を粉にして作ったもちのこと。
豆しとぎの材料は餅米とうるち米、それに青豆・黒豆・茶豆

青豆を使ったのが『青豆しとぎ』
味付けは砂糖と塩のみ
郷土料理として各地で土地にあった作り方、食べ方に変化したみたいです。

砂糖は少しで甘みがあり、懐かしい 和のスィーツ

« 鉛温泉 『藤三旅館』 | トップページ | オールシーズンジャケット »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

「ずんだ」は、仙台に出かけた際に、仙台市内や松島海岸などで食べましたが、岩手では「しとぎ」が有名なんですね!

ずんだの方は、ソフトクリームやお菓子など、色々と派生商品がありますが、しとぎも派生食品があるのでしょうか?楽しみです。

また色々と御紹介お待ち申し上げております。

makotoさま、ごりです。
豆しとぎ、美味いですよね。

昨日は、F川先輩と、下記の場所に
クロカン履いて遠征してきました。

http://www.wink.ac/~ogaoga/Taki7.html

3年続けて、通いましたが、今年の昼食は、
マイナス6℃の中、170g、460円の和牛肉を
シャブシャブして完食しました。

長芋みたいチラッ

どんな味がするのか未知の世界です・・・
固いのかな?モチモチしてるのかな?

こっちでいう「すっとぎ」ですかねぇ。
こっちのはけっこう甘いですが〜!!

♪はちまるさん
岩手県・宮城県・青森県の藩政時代の線引きは今の県境とだいぶ違っていて
「ずんだ」は岩手の県南部(旧伊達藩)でも盛んに食べられていますよ。
盛岡では「団子」の衣が一般的かな・・・
「しとぎ」は各地で作り方は豆の配合が違う見たいです。
派生食品ではありませんが「以下記載」がありますネ
開けがらす
http://www.akegarasu.com/top.htm
東雲(しののめ)
http://www.55marunaka.jp/

♪ごりさん
耐寒訓練でしたか
内緒の話ですが・・・(笑)
先月、会社の友人たちでの山岳訓練、危うく遭難っぽかったようです。
無事に帰れてよかったですね
大自然の中での食事、美味しそうでしたネ♪

♪まみちゃん
初めて口にしたときは
・・・(・_・)エッ....? (^^ゞ (^o^)丿・・・って感じで(笑)
ちょっと表現が難しいかも

はちまるさんに紹介したお菓子を食べたことがあるのなら
そのお菓子にプラス青臭さ かな

♪ゆみかさん
そうですね、いい方がちょっと違うだけでしょう
岩手のお菓子って味があります

砂糖は好みでいっぱい入れるところもあるようです。

初めてみたお菓子です
やっぱりモチモチしてるような感じだわ。

私は豆系統が好きなので、きっと気に入ると思います

♪naeちゃん
豆系が好きであれば気に入るかもですね♪
しとぎはどちらかと言えばパサパサしているかもですが
ほんのりとした甘さ、噛めば噛むほど旨みが出てきます。
もし、見かけたならゲットしてください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青豆しとぎ:

« 鉛温泉 『藤三旅館』 | トップページ | オールシーズンジャケット »