フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 復活が待ち遠しい(^o^)丿 | トップページ | 青豆しとぎ »

2011年2月18日 (金)

鉛温泉 『藤三旅館』

花巻温泉郷 花巻南温泉峡
岩手県中西部の花巻市西部に位置
奥羽山脈の方から流れる豊沢川に沿って
志戸平温泉・渡り温泉・大沢温泉・鉛温泉・新鉛温泉などがあります。

今日は『鉛温泉』藤三旅館
http://www.namari-onsen.co.jp/

住所 岩手県花巻市鉛字中平75-1
電話 0198-25-2901 

【日帰り入浴が可能な時間】7時から21時   

【料金】700円(旅館部・自炊部共通)

S_1

今を去ること、およそ600年前の昔
この温泉主の藤井家の祖先が高倉山麓できこりをしている際に
岩窟から出てきた一匹の白猿が桂の木の根もとから湧き出る泉で
手足の傷をいやしているのを見ました。
これが温泉の湧出であることを確認、一族が天然風呂として活用した。

S_4

昭和16年建築の木造三階建ての建物
黒光りする階段や客室に往時の賛と粋を感じるそうな・・・
玄関から靴を脱ぎ、建物に入れば、懐古的な趣に抱かれてしまいます

S_2

今日は清掃のため、入浴ができませんでしたが
湯船の深さは約125cm、立って入る温泉
地階から3階までの高い吹き上げは圧巻だと思います。

日本一深い天然の岩風呂
「白猿の湯」

基本的に混浴ではあるが、女性専用時間帯があります。

温泉名:鉛温泉(桂の湯)・・・桂の湯という風呂があり混同しそうです(^^ゞ
泉質:単純温泉(含芒硝硫化水素単純泉)
温度:45.5℃
pH値:不明
湧出量:不明

S_1_2

「河鹿の湯」

温泉名:鉛温泉(下の湯)
泉質:単純温泉(弱アルカリ性単純高温泉)
温度:50.2℃
pH値:8.4
湧出量:250ℓ/min

S_1_4

「桂の湯」内風呂&露天風呂

温泉名:鉛温泉(下の湯)
泉質:単純温泉(弱アルカリ性単純高温泉)
温度:50.2℃
pH値:8.4
湧出量:250ℓ/min

S

S_5

そして、今日も

湯あがり後は・・・牛乳でした (爆)

S_6

追記

父親の一周忌が迫っているおり、また、主催なのです(^^ゞ
遊んでいるように見えますが(笑)
これでも、あれやこれらの手配に忙殺されております
コメント等が遅れますが、よろしく御配慮をお願いいたします。

« 復活が待ち遠しい(^o^)丿 | トップページ | 青豆しとぎ »

温泉」カテゴリの記事

コメント

羨ましいなあ~私もまったり温泉浸かりたい!

♪シオヨンさん
この時期の温泉
特に露天で湯ったり、夜勤明けのまったりでリフレッシュ
明日から頑張っていきたいと思いす♪

makotoさま、ごりっす。
一周忌法要準備お疲れさまです。

makotoさまに習い、私も本日、エンジン始動を
挙行しました(^^;

朝の雨、日中晴れて、また夜は雪(汗)
本当に春が待ち遠しいですね。


♪ごりさん
一年あっという間に、早いものですね
法要準備、大丈夫と思っていたなら・・・(^^ゞ
なんとか乗り切りたいと思います。
バイクの火入れ、なんとなく爆発音で癒されますネ
あと、もう少しの辛抱です

おはようございます。

だいぶ雪が少なくなりましたか・・・?
おっしゃる通り、懐古的な雰囲気満点な温泉ですね♪

時間を掛けて、のんびりと癒されたいものですね!

埼玉にもこのような温泉が欲しいものです・・・
・・・というか、単に横着して開拓していないだけ・・・とも言えるかもしれません(爆)

♪はちまるさん
遅くなってしまいました
市街地の雪の主要道路はほとんど雪がありません
降雪もなく三寒四温の雰囲気で春が近づいてきてます♪

「日本秘湯を守る会」の温泉地ですのでタイムスリップしたような気分ですよ
これからもフロンテゥア精神で開拓いたしますネ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉛温泉 『藤三旅館』:

« 復活が待ち遠しい(^o^)丿 | トップページ | 青豆しとぎ »