フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 藤の花 | トップページ | 『悠の湯 風の季』 »

2013年5月24日 (金)

「てくり展」

第58回企画展「てくり展」

あ! 盛岡再発見

小さなタウン誌が見つめた 街と人、そして賢治

東京でもなく、富良野でもない。
盛岡で働き、暮らす理由
あなたはなぜ、ここにいるのですか?

岩手県盛岡市の「ふだん」暮らしをテーマにしたミニコミ誌「てくり」の展示会
バックナンバーの展示や奥山淳志の写真展などが行われています。

Sh250517_2

ところで・・・「てくり」って?
岩手県盛岡市の「ふだん」暮らしをテーマに、既存の情報誌や広報誌には載ることがない
ちょっとうれしいこと、おもしろい人、紹介したいものごと…
日常の物語たちを集め、紹介する本があったらいいなあ。。。
そんな想いからできたのが、「新世代ミニコミ誌・てくり」です。


『もりおか啄木・賢治青春館』旧九十銀行本店本館
住所:盛岡市中ノ橋通1丁目1−25
電話:019-604-8900
会期:2013年4月11日~6月9日
休館:4月9日・5月14日(各第二火曜日)
開館時間:10時~18時(入館は5時30分まで)5月11日は16時、5月12日は14時
会場:2階展示ホール
入場料:企画展は無料

Sh250517_1

Sh250517_3

Sh250517_5

[ 旧九十銀行本店本館 ]
国重要文化財
明治43年(1910)12月に竣工
設計は、盛岡出身の若き建築家「横濱勉」氏
工事監督は元岩手県立工業学校助教諭「久田喜一」氏
構造は煉瓦造2階建(一部地下1階)
建物面積264.61㎡、正面から見て左右非対象の建物
屋根はマンサード型を基本とする天然スレート板及び銅板葺き
屋根の正面左側は棟を直交させて飾り棟をのせ、ドーマー窓を飾る。
建物の荒削りな隅石や入口・窓のアーチなどの石材は市内川目産の花崗岩を使用
外観は重厚感のあるロマネスク・リヴァイヴァル様式
内部は直線的で平明かつ簡潔なゼツェッシオン式の影響がみられる。

« 藤の花 | トップページ | 『悠の湯 風の季』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「てくり展」:

« 藤の花 | トップページ | 『悠の湯 風の季』 »