フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 鮎解禁 | トップページ | 蕎麦房『かみや』 »

2013年6月12日 (水)

花巻台温泉『精華の湯』

わんぱた~ん(笑)

 

いつも・・・本当に手抜き記事三昧ですネ

でも、内容はともかくも画像と動画はちょっとだけ苦労しているのです(爆)

 

日帰り入浴施設として2000年にオープンした花巻台温泉『精華の湯』

Sh250607_3

 

露天風呂はありませんが内風呂の扉を開けた瞬間に
檜の木組みの天井の高いこと・・・
広い窓、目の前の翠
そして「ヒノキチオール」の香り・・・
まるで『深山の森林浴』

またもや 湯ったリラックス

 

花巻台温泉『精華の湯』2013春

 

花巻台温泉『精華の湯』
住所:〒025-0305 岩手県花巻市台2-56-1 
電話:0198-27-2426

源泉:台温泉(新湯)
泉質:含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)(低張性弱アルカリ性高温泉) 
pH値: 8.2
温度: 95.8℃
湧出量:56.1㍑/min(掘削自噴)
メタケイ酸:40.7mg/kg
メタホウ酸:20.8mg/kg
無色透明で弱い塩味を有し、硫化水素臭を有する。
・源泉温度が高いために加水
(湯船に入れる前段階で山の水で調整、熱めに調節して湯船へ注ぐ。)
・加温なし
・循環・濾過なし
・消毒処理なし
浴場:男女別内風呂
定休日:なし
料金: 500円(割引なし)
営業時間:6時~21時30分

「花巻台温泉」
温泉の湧き口は10個所程度、泉質は湧き口によって異るが、おもに単純硫黄泉に分類されている。
湯量は豊富で現在も花巻温泉郷の「花巻温泉」にお湯を供給している。

「台温泉概要」
台温泉の開湯は不詳ですが、伝承によると
大同元年(806年)坂上田村麻呂が遠征のときに体を癒したとも伝えられる。
その後、時代の経過により台温泉の存在は完全に消えましたが・・・
元中年間(1387年)湯本の猟師が渓谷のあいだから煙が立ち登っていたのを見て発見したといわれる。

« 鮎解禁 | トップページ | 蕎麦房『かみや』 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花巻台温泉『精華の湯』:

« 鮎解禁 | トップページ | 蕎麦房『かみや』 »