フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 朝まで踊ろう | トップページ | 釣り三昧(^^ゞ »

2013年9月29日 (日)

≪後生掛自然研究路≫

八幡平はアスピーテ型火山(台地状火山)
山間のいたるところに火山性の温泉が湧き出てます。

今回は、火山観察のための後生掛自然研究路の探索

Photo

Sh250927_24

『後生掛温泉』 から ≪後生掛自然研究路≫ の探索は約40分
真っ白な湯煙りや噴湯など・・・
大地の息吹・鼓動を感ぜられるような探索でした。

)

もちろん、探索後は『後生掛温泉』
湯ったリラックス

Sh250927_35

Sh250927_37

Sh250927_38

[後生掛温泉の由来]

300年前、三陸生れの若者九兵衛が地獄谷の尻に牛を飼って住み着いていましたが、3年目の夏に生死をさまよう重病に冒された。
その時恐山に向かう若い巡礼が通りかかり佛心を込めて看病したので、九兵衛は全快し、同情と敬慕に結ばれた二人は幸福な3年を過ごした。
しかし、九兵衛には三陸久慈に許嫁があり、出発後生まれた子は七才になっていた。
子供のため、夫を迎えに妻は故郷を後にした。やっとたどりついた地獄谷で見合う三人の夜が夫々の苦悩と鶏鳴に明けると巡礼の姿が無かった。
妻は予感をたどり地獄谷大石の側に草鞋を見つけ、女として女を知る妻は号泣した。
そして妻も又、夫の声を後に聞きながら、後生を掛けて地獄谷に身を投じていた。
その後地獄谷を訪れる人はオナメ(妾)モトメ(本妻)と呼びこの地を後生掛と呼ぶようになった。

住所:〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平字熊沢国有林
電話:旅館部 0186-31-2221 湯治部 0186-31-2222

源泉名:「オナメ・モトメ湯」
湧出形態:自然湧出
湧出量:150㍑/分
泉温: 88.4℃
泉質:単純硫黄泉
pH値:3.2

循環器は使用せず、かけ流し
ただし、温度が高いので入浴適温になるまで加水

« 朝まで踊ろう | トップページ | 釣り三昧(^^ゞ »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ≪後生掛自然研究路≫:

« 朝まで踊ろう | トップページ | 釣り三昧(^^ゞ »