フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« スプリング・エフェメラル | トップページ | フライング »

2014年4月17日 (木)

畦道の妖精たち

畦道のエフェメラル

 

「スプリング・エフェメラル」 → 「ボールド・エフェメラル」
「春の儚い命の妖精」たちに比して「図太いタフな妖精」たち(笑)

あちらこちらに群生していますよ

【スギナ】 (杉菜)シダ植物門トクサ綱トクサ目トクサ科トクサ属の植物の一種
一般的にこちらは、「ツクシ」(土筆)と呼ばれてますね
春の山菜
袴を取って茹でてアクを抜き、佃煮やキンピラなどの食用とする。

Sh260417_2

【ヒメオドリコソウ】(姫踊り子草)シソ科オドリコソウ属
花の形が,笠をかぶった踊り子の姿を思わせることから付いた名前

Sh260417_3

【タネツケバナ】(種漬花)アブラナ科タネツケ属
別名「タガラシ(田芥子)」・・・噛むと辛いことから
若い芽や茎・葉はおひたしや天ぷらなどとして食用となる。
また漢方薬の材料にもなる。

Sh260417_4

【ミチタネツケバナ】(道種浸花)アブラナ科タネツケ属
タネツケバナに比べてミチタネツケバナは花、果実の角度が狭い
タネツケバナの茎は細い毛が散生、ミチタネツケバナは無毛
ほとんど、見分けがつきません(^^ゞ

Sh260417_5


【オオイヌノフグリ】(大犬の陰嚢)ゴマノハグサ科クワガタソウ属
「イヌノフグリに似た大型の植物」花の可憐さからは不本意な名称
通称は、「星の瞳」
今回のあっぷは蕾です。

Sh260417_6

【ハコベ】(繁縷) ナデシコ科ハコベ属
春の七草の一つ
花の形が星形をしていることから「Stellaria」
「Stellaria」は、ラテン語の 「stella(星)」が語源

Sh260417_7

【ナズナ】(薺)アブラナ科ナズナ属
春の七草の一つ
別名は、「ペンペンクサ」、シャミセン草(三味線草)

Sh260417_8

【イヌナズナ】(犬薺)アブラナ科イヌナズナ属
名前の由来は、薺(ナズナ)に似ているが
食用にならないので少し劣るとの意味で「犬」がついたらしい。

Sh260417_9

【カキドウシ】(垣通し)
日本の民間薬でいろいろな効能がある

Sh260417_10

県内の桜も一部開花\(^o^)/しました。
上目線だけでなく、足元にも配慮して春を謳歌したいものですね

« スプリング・エフェメラル | トップページ | フライング »

植物」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畦道の妖精たち:

« スプリング・エフェメラル | トップページ | フライング »