フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 八重 | トップページ | ハイスペック スタイリッシュノート »

2014年5月 1日 (木)

「盛岡・仙台・一関 郷土のかたな」

以前にあっぷした記事 日本刀

この時、お邪魔したお宅の御主人に連れられて『一関博物館』へ
「盛岡・仙台・一関 郷土のかたな」の見学

1_1

1_2

[テーマ]
江戸時代に活躍した盛岡、仙台、一関の各藩のお抱え刀工作品を中心に、日本刀の源流ともなった蕨手刀、舞草刀も併せて一堂に展示紹介

一関は、盛岡、仙台と歴史的な関わりが深く、日本刀の原点といわれる舞草鍛冶が拠点にしたとされる地域
テーマ展では一関、盛岡、仙台の3藩ゆかりの刀を紹介し、その魅力を伝える。

[展示品]
県指定文化財を含む、江戸時代に製作された貴重な名刀を展示
古刀・・・蕨刀、舞草刀、脇差など6点
仙台藩の太刀、刀、脇差など6点
盛岡藩の刀、脇差、剣、短刀など8点
一関藩の太刀、刀、脇差など7点

Sh260427_4

画像をぽちっと     

Sh260427_6

同じくぽちっと     

展示解説会では、副館長さんの解説会がわかりやすくて
いろいろな歴史を取り入れて、刀剣作者の気質など・・・

そして、刃文や地肌
いろいろな刀の見所を初心者にも分かりやすく説明していただき

改めて、刀の魅力に引き込まれました

1_5

1_6

主催:一関博物館
住所:〒021-0101 岩手県一関市厳美町沖野々215-1
電話:0191-29-3180
開催日時:平成26年4月26日(土)~6月15日(日)
休館日:毎週月曜日-ただし5月5日(月)は開館し、5月7日(水)に休館

参考日記
「岩手の郷土刀と現代刀匠作品展」

館内の環境は目視で良く見えるようライトの赤みを強くしていたので
画像には刀の良い場面が映っていません

« 八重 | トップページ | ハイスペック スタイリッシュノート »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「盛岡・仙台・一関 郷土のかたな」:

« 八重 | トップページ | ハイスペック スタイリッシュノート »