フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 皮むき | トップページ | 街中のビタミンカラ~ »

2014年6月28日 (土)

初夏のビタミンカラ~

おっちょこちょいの自分
同じ花と思っていましたが

【美容柳】(ビヨウヤナギ)オトギリソウ科オトギリソウ属
別名:未央柳・金糸桃
中国原産の半常緑低木
黄金色の花が上向きに咲き、多数の雄しべが突き出すのが特徴
枝先がやや垂れ下がる樹形で、葉が柳に似ているので美容柳と呼ばれる。

S_h260627_2

そして、【金糸梅】オトギリソウ科オトギリソウ属
中国原産の半常緑低木
5弁の花の形が梅に似ている。
雄しべが  たくさんあって、まるで金糸の束のようなので金糸梅と呼ばれる。

S_h260619_5
良く見れば・・・
また、ひとつ勉強になりました

そのほかのビタミンカラ~

【ノゲシ】(野芥子)キク科ノゲシ属
別名:ハルノノゲシ、ケシアザミ
ヨーロッパ原産で日本各地の道端や畑に自生
黄色のタンポポのような花が咲き、葉には棘があるが柔らかく触っても痛くない。

Sh250601_4

【オオキンケイギク】(大金鶏菊)キク科ハルシャギク属の多年草
北アメリカ原産で繁殖力が強く、荒地でも生育する。
キバナコスモス似ているが、花の色が薄く、葉の形が異なる。
八重や半八重の栽培種もあるようですね

S_h260618_5

【ハナニガナ】(花苦菜)キク科ニガナ属
茎につく葉の基部は毛状の鋸歯があり、耳状になって茎を抱く。
茎は上部で枝分かれし、散房状に頭花をつけ、頭花はニガナより大きく2cmほどある。
舌状花は7枚~12枚

Sh250616

初夏のビタミンカラ~・・・元気が出ますね
盛夏のビタミンカラ~もそろそろですかね

[御礼]
再々再度のブログ村参加も皆さんの応援にて
上位閲覧を継続させていただきました

誠に勝手ながら、昨日付けで不参とさせていただきました
再々再々度の参加をした時は、さらに応援方宜しくお願いしますネ

« 皮むき | トップページ | 街中のビタミンカラ~ »

植物」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏のビタミンカラ~:

« 皮むき | トップページ | 街中のビタミンカラ~ »