フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 異音が・・・(^^ゞ | トップページ | 湿地散策 »

2014年7月24日 (木)

三桁達成

自分にできること・・・
ひとまずの区切りができました。

献血の三桁達成

3

ちなみに
岩手県では728回、全国では1054回が最高だそうです。

ところで.、話は長くなり、深刻な話・・・

病気や怪我などで血液を必要とする方が国内には数多くおられ、これらの血液は、国民の善意による無償の献血により支えられているそうです。
国内の献血者は昭和60年度には延べ約876万人を数えていたそうですが、その後、献血者が減少の一途をたどり、平成19 年度には約496万人まで低下しました。
平成17年度から5ヶ年の目標を立て実施した「献血構造改革」の取組み等により、平成21年度には約530 万人まで回復したものの、10 代の献血率は依然低下傾向が続いており、高齢化により血液の需要の増加が見込まれる将来の安定供給が危ぶまれる状況のようです。

1

日本赤十字社が実施した血液需給将来推計シミュレーションでは、現在の献血率(献血可能人口の献血率5.9%)のまま少子高齢社会が進展すると、需要がピークを迎える平成39年(2027 年)には、献血者約101万人分の血液が不足することが示されました。

深刻なことは、こちらまで少子化問題が影響しているのですね

血液の安定供給は今後に向け、いろいろ検討されて実施されるようです。
思うことは、やはり国民として、献血のあり方を踏まえ「意義」や「相互扶助」を考慮することが大切なのだと思います。

もちろん、今後も『できること』をしたいなぁ~

« 異音が・・・(^^ゞ | トップページ | 湿地散策 »

できること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三桁達成:

« 異音が・・・(^^ゞ | トップページ | 湿地散策 »