フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« XJR復活 | トップページ | 復興支援金ツーリングin乳頭温泉(2014) »

2014年9月14日 (日)

【アサガオ】

アサガオと言えば、夏休みの絵日記が思い浮かぶ自分です
とっくに夏も過ぎ去りし・・・秋

夏を惜しむかのように咲いています。

【アサガオ】ヒルガオ科サツマイモ属の一年生植物
原産地:熱帯アジア
別名:牽牛花(けんぎゅうか)
漢方薬:種子は毒であるが粉末にして下剤や利尿剤として薬用にする。
花は大きく開いた円錐形、5枚の漏斗状の花弁は融合している。

≪変化朝顔≫
江戸時代の朝顔ブームにより、八重咲きや花弁が細かく切れたり、反り返ったりして本来の花型から様々に変化したものが生まれた。
その後、愛好家などにより、さらに変化した形のものや開花調整したものがつくられ、「各地の朝顔会」や「朝顔展示会」などで流通しているとのこと。

世界的に見ても、これほど形態が多種多様に変化した園芸植物は他にない。突然変異(遺伝子が重粒子線や宇宙線などで変化)や自然交雑(昆虫が他の品種の花粉を運ぶ)、そして人工的に遺伝子変異が可能なようです。

1

2

3

32

33

34

4

5

6

7

8

9

10

102

11

12

13

14

15

16

17

おまけの昼顔

【ヒルガオ】(昼顔)ヒルガオ科ヒルガオ属の多年生植物
由来は、朝に開花するが昼になっても花がしぼまないことから
結実することはまれであり、地下茎で増える。
花弁は、漏斗形で直径5~6cmの薄いピンク色
苞葉が萼を包み込むので、帰化植物のセイヨウアサガオ(西洋昼顔)と区別できる。

【コヒルガオ】(小昼顔)ヒルガオ科ヒルガオ属の多年生植物
ヒルガオと似ており、花弁が直径3~4cmとヒルガオより小さい
花柄に縮れたひれがあり、萼を苞葉が包む。
葉の形は、ほこ形で基部の両側が耳のように横に張りだし、張りだした部分が2裂するものが多い。

【アイノコヒルガオ】ヒルガオ科ヒルガオ属の多年生植物
ヒルガオとコヒルガオの雑種
葉や花柄などが両者の中間の形質を示すとされている。
花柄には低い稜があり、萼の直下に苞葉がつく。
葉の基部は横に張り出す。

たぶん【ヒルガオ】

21

こちらは、【アイノコヒルガオ】かな・・・

20

« XJR復活 | トップページ | 復興支援金ツーリングin乳頭温泉(2014) »

植物」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アサガオ】:

« XJR復活 | トップページ | 復興支援金ツーリングin乳頭温泉(2014) »