フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 二輪の増税 | トップページ | ごりやく »

2015年1月15日 (木)

どんと祭

正月を迎えて、今月もはや中盤
ここ数日は穏やかな日々となり、真冬日からも雪の舞う日からも解放

今日は、盛岡八幡宮に『どんと祭』へ行ってきました

Sh270115_1

神社に持ち込まれ、集まった松飾りや破魔矢などが山のよう・・・
(まだ受付しているものも、まだまだあるようです。)

Sh270115_3

忌火で焚き上げられた火に手を合わせ
今年一年の無病息災と家内安全を祈願してきました。

Sh270115_7

Sh270115_9

Sh270115_10

『どんと祭』
どんと祭は、日本古来の神送りの神事である「みたま送り」に由来
その年の幸福をもたらす「歳神様」がそれぞれの家で正月を過ごしたものを、送り火をたいて見送る風習がルーツである。
元来は各家庭で門松や正月飾り、しめ縄などをたいていたが、後世には神社に持ち込まれるようになり、清めの塩をまきながらお焚きあげする神事として定着する。
焚きあげる火の勢いから「どんと焼き」「どんどん焼き」などの呼び方もある。

『盛岡八幡宮』
盛岡の総鎮守、延宝8年(1680)、第29代南部重信公により建立
盛岡八幡宮に祀られている神は、品陀和気命(第15代応神天皇)で、農業、工業、商業、学問、衣食住など人間生活の根源の神として、昔から地域の人々の多大なる崇敬を集めた。

« 二輪の増税 | トップページ | ごりやく »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんと祭:

« 二輪の増税 | トップページ | ごりやく »