フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 弱ってます(^^ゞ | トップページ | たろし滝2015 »

2015年2月20日 (金)

「おおはさま宿場の雛まつり」

体調は完全復活かなぁ~
ちょっと怪しい限りですが・・・ネタ探しに(笑)
2012年の記事と重なります
3年ぶりの「おおはさま宿場の雛まつり」

大迫交流活性化センターをメイン会場として
(こちらの入場料は300円)
ほか町内22か所の商店などに歴史雛から現代雛まで
いろいろなお雛様が飾られています

Sposter2015_2

オープニングセレモニーでしょうか
宿場のちんどん屋『早池峰一座』さんたちが花を添えてくれました

Sh270219_4

花巻市大迫町は国定公園早池峰山の麓にあり、国指定重要無形民俗文化財第1号「早池峰神楽」が伝わる町
沿岸の三陸地方と内陸の盛岡を結ぶ街道沿いにあり、かつては宿場町として栄えた。
さらに、 昔は南部葉たばこや製糸業(絹生産)が盛んで、京都と取引を行っていたので、享保雛や次郎左衛門雛など、江戸時代から明治時代にかけて作られた雛人形が、旧家や商家に多く残されている。 
お雛様にも様々な種類があり、メイン会場では寄贈されたお雛様や旧家所蔵のお雛様を飾って、代表的な3つのお雛様を中心に紹介されています。

≪雛人形の由来≫
雛人形は元々、「上巳の節句」の際に、草や藁で作った人形(ひとがた)で体を撫で、穢れを移したものを川に流すことで厄払いとされていた行事と、貴族階級の女児が行っていた紙の人形のおままごと遊びである「ひいな遊び」が合わさって生まれたものだと言われています。
江戸時代になると人形作りの技術が発達し、紙で作られていた流しひな(雛)はより精巧に豪華になっていきました。そうすると人々は雛人形を川に流すのではなく、飾るものへと意識を変えていきました。
江戸幕府はそれまで3月上旬の巳の日としていた上巳の節句を3/3に制定、その際、雛人形を飾る上巳の節句を女の子のための日とし、鎧兜やこいのぼりを飾る端午の節句5/5を男の子の日と定めた。
そして上巳の節句には、これまで行われていた流し雛に変わり、雛人形を飾る風習が根付く。
雛人形には厄災を人に変わって引き受ける人形(ひとがた)の役割があったため、女児の健やかな成長や幸せを願う日となったと言われている。
そんな人形作りが発達した江戸時代の代表的な雛人形の様式を下記に抜粋説明しますね
【享保雛】 
江戸の中期、享保(1716~36)の頃に流行したと伝わる内裏雛
(この名がついたのは明治時代からと言われる。) 
享保は作成年度を限定するものではなく、人形の形式の呼称
享保雛の顔は少し面長な大きな人形で、金襴や錦を使った豪華な衣装が鮮やか 
男雛は束帯姿で手に笏を、女雛は五衣、唐衣に赤い袴で冠をつけ扇を持つ

【次郎左衛門雛】 
京都の人形師、菱屋(雛屋)次郎左右衛門が創りだした雛人形
(作者の名前で呼ばれる唯一の人形) 
作者が宝暦11年(1761)頃に江戸へ下り、日本橋・室町でこの人形を売り出した。 
丸い団子のような顔に目鼻の愛らしい典雅な表情は、江戸の人気を集めた。

【古今雛】 
江戸時代の後半にかけ、次郎左右衛門雛と相前後して世に出た雛
その姿は美しく艶やかで、衣装も金糸や色糸で縫い取りをし、一層華やかで顔は眼にガラス玉をはめ込むなど、精巧で写実的

こちらの地区の雛壇には、いろいろな種類のお雛様や人形が一緒に飾られているのです。
男雛と女雛を揃え、その後にその他の人形を買い足していったのか、大きさも表情も様々
お内裏様とその下の官女の大きさが違ったりしています。
さらに、大名行列・義経と弁慶・花咲じいさん・金太郎など珍しい人形も一緒に飾られています。

雛祭りは旧暦(現在の4月)に祝っていたことから、すぐに5月の節句がくることもあり、一緒に飾ったのではないかと言われています。

大迫町では節句の時期に合わせ、あねっこ市(まち)が開かれ、以前は農閑期で手の空いた農家の娘さんたちが着飾って市に出掛けたといいます。あねっこ(娘さん)とあんこ(男性)が出会う数少ないお見合いの場になっていたというお話もあるようです。

以上、参考文献を描きながら・・・
町内をまったりと散策、旧家を訪問して歴史あるお雛様を見学させてもらい
当時の優雅な生活の一部を垣間見たような気がします。 

Sh270219_9

« 弱ってます(^^ゞ | トップページ | たろし滝2015 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おおはさま宿場の雛まつり」:

« 弱ってます(^^ゞ | トップページ | たろし滝2015 »