フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 鹿角一本仕上げⅡ | トップページ | 市内周遊&近隣周遊 »

2016年3月25日 (金)

高速道路の最高速度の引き上げ予定?

警察庁による高速道路の規制制度の発表です。

この発表は、2013年12月に国家公安委員会委員長に提出された「交通事故抑止に資する取締り・速度規制等の在り方に関する提言」の内容によるもの

このことについて、警察庁は2016年3月24日、「高規格の高速道路における規制速度の見直しに関する調査研究委員会」が取りまとめた提言と、今後の方針などについて発表しました。

委員会の提言・・・
速度規制見直しの可否について、高規格の高速道路における自由流(交通量が少なく、ドライバーが自由に走行速度を決定できる状態)での死傷事故率は、標準的な構造適合速度100km/hの高速道路と比較して約4割低いこと。
利用者に対する意識調査で、高規格の高速道路での規制速度引き上げについて約87%(道路状況次第の回答を含む)のドライバーが受け入れの意思を示していることを理由に挙げて「一般に、構造適合速度120km/hの路線・区画について、一定程度の規制速度の引き上げは可能と考えられる」と結論

今後の方針・・・
速度規制見直しの方向性を作成。自由流時死傷事故率が上下線とも低い次の高速道路の一定区間で試行的、段階的に速度規制の引き上げを検討

1 東名高速道路 「御殿場~浜松いなさJCT間」(144.6km)
2 東北自動車道「花巻南~盛岡南IC間」(30.6km)

※ ひとまず2017年以降に最高時速110kmの試行予定
     (具体的な区間や時期は静岡、岩手両県の公安委員会が決定)
※ トラックなどの大型貨物車は、現行の最高時速80kmを維持

さらに、試行結果の検証をふまえ、今回の提言のなかで「規制速度引き上げの条件等」として挙げられている「自由流時死傷事故率が現に少ない(事故の内容等も考慮)」「実勢速度が100km/h以上で、かつ、極端に高くない」「自由流状態が一定割合以上」「一定距離の連続性の確保」といった条件を満たすほかの高規格の高速道路でも、速度規制見直しを検討するようです。

自分のお題・・・
「高速道路の最高速度の引き上げ予定?」
多くのメディアが100kmから120kmに引き上げ報道の最中

あえて、いろいろと考慮したうえで「クエスチョンマーク」をつけました(笑)

« 鹿角一本仕上げⅡ | トップページ | 市内周遊&近隣周遊 »

乗り物全般」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路の最高速度の引き上げ予定?:

« 鹿角一本仕上げⅡ | トップページ | 市内周遊&近隣周遊 »