フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 春爛漫 | トップページ | 桜と菜の花ロード »

2016年4月22日 (金)

珈琲が無ければ・・・

 はい
朝は珈琲を飲まなきゃ始まりませんね~

そのうえ、一日の水分補給の大半を占めてますけれど(笑)

Morning coffee どちらかといえば、深煎りロースト
豆の品種にもよりますけれど、一般的に浅煎りローストは酸味が強いよう
深くローストすることで酸味が抜け、深いコクと甘い香りが生まれますね

≪ライトロースト≫試験用
少々生臭い香り、コクが感じられないため一般に飲まれることはほとんどない。

≪シナモンロースト≫ブラックコーヒー
ポピュラーな浅煎りで、強い酸味とこうばしい香りが楽しめ、ブルーマウンテンのような高品質の豆であるほど、切れのある酸味が味わる。

≪ミディアムロースト≫アメリカンコーヒー
まろやかな酸味に加え、コーヒーらしい香りと苦味が楽しめる。

≪ハイロースト≫レギュラーコーヒー
酸味に程よく調和した苦みが出てくるようなバランスの取れたコーヒーが味わえる。

≪シティロースト≫レギュラーコーヒー
喫茶店や家庭などで最も需要の多いロースト。酸味より苦みが強く、やや焦げ臭い。

≪フルシティロースト≫アイスコーヒー
酸味がなくなり、焦げ臭さも強くなる。炭火焼コーヒーと同じ程度の焙煎度。

≪フレンチロースト≫カフェオレ等のアレンジコーヒー
苦みがかなり強く、豆色は少し黒味を帯びてくる。

≪イタリアンロースト≫スプレッソ
苦味が相当強く、好きな人は苦味を味わえるロースト、豆の表面に油脂成分が浮いてくる。

最近、近場にあるお気に入りの珈琲店を見つけました
ジモティには、わかると思うので・・・詳細は不明とさせていただきますね

1

2

此方には、いろいろな生豆を置いてあり
(産地と農園や輸出制度等級などわかりやすい表示)

さらに、焙煎機が置いてありますので
いろいろ試してみて、自分好みの煎り方を模索します。

≪熱風式≫
焙煎釜に熱風を送り込んで豆を煎る方式

Sh280411_2_2

もちろん、気分によって他のお店の珈琲豆も購入しますよ~

≪直火式≫
回転ドラムに生豆を入れて、ドラムの外から熱を加えて豆を煎る方式

Sh270406_3

« 春爛漫 | トップページ | 桜と菜の花ロード »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珈琲が無ければ・・・:

« 春爛漫 | トップページ | 桜と菜の花ロード »