フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 免許更新 | トップページ | 展勝地スーパーカブミーティング「カブ街ろまん」 »

2017年3月29日 (水)

メカブの旬(日本人の消化酵素)

生メカブの旬は3月〜4月の間が最もおいしい季節なそうです。
5月に入れば段々と味が落ちるそうな・・・

もらいものの生メカブ

Sh290325_1

手っ取り早く、≪焼きメカブ≫
刻む面倒はないけれど、ちょっとアクが強いので好き嫌いがあるかもですね

Sh290325_2

そして定番の≪刻みメカブ≫
納豆と混ぜて食べるとがん予防に抜群の効果があるとか・・・(^^)v

Sh290325_3

Sh290325_4

ワカメの根元部分にあるメカブ
ワカメよりも栄養があるそうです。

主にヨウ素とフコイダン、アルギン酸が有名でほかにカルシウム、カリウム、ビタミン、EPAなどが含まれている

【ヨウ素】
ヨウ素は甲状腺に多く分布しており、乳がんの抑制に効果があるとされ、細胞の活性化、基礎代謝の向上、発育促進などの効果がある。
また、細胞の活性化、基礎代謝の向上、発育促進などの効果も期待されている。

【フコイダン】と【アルギン酸】
メカアブのヌルヌルは、フコイダン、アルギン酸(食物繊維の一種)によるもの。
胃潰瘍や胃がんの原因とされているのがピロリ菌。
ピロリ菌は胃の壁に付き、胃を攻撃しますが、フコイダンがこれを保護するとともに修復させる効果ある。

アルギン酸には、コレステロールを包み、体外へ排出するとともに、コレステロール吸収を抑え、血中のコレステロールの低下も期待できる。
ナトリウムと結合し体の外に排出させるため、高血圧にも良いとされています。

さらに、フコイダンやアルギン酸は、アンモニアを体外へ排出する働きがあるために体臭予防や軽減にも効果がある。

ところで・・・『海藻を消化吸収できるのは日本人だけ』
海藻を習慣的に食べるのは日本人が多く、下痢や腹痛などの胃腸障害も起こさずに食べられるのは先祖から受け継いだ体質だけではなく、海藻を消化吸収するための特殊な酵素を持っている細菌を日本人が持っているためであることが最近の研究でわかったようです(^^)v

現在、この細菌は日本人の腸からしか見つかっていないようです。
この細菌によって数種類の海藻、特に海苔を消化吸収することができるようですネ♪       

« 免許更新 | トップページ | 展勝地スーパーカブミーティング「カブ街ろまん」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532915/65072433

この記事へのトラックバック一覧です: メカブの旬(日本人の消化酵素):

« 免許更新 | トップページ | 展勝地スーパーカブミーティング「カブ街ろまん」 »