フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 新そば | トップページ | 盛岡八幡宮の紅葉 »

2017年11月 6日 (月)

盛岡市中央公園の紅葉

一昨日の出来事
鑑賞中は曇空、晴れてくれなかった(^^ゞ

Sh291104_1

Sh291104_3

Sh291104_4

Sh291104_5

Sh291104_6

Sh291104_8

Sh291104_10

残念ながら、今年(2017)も去年(2016)に引き続き【カツラマルカイガラムシ】の被害で庭園のライトアップはないとのことです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
調べてみたなら・・・
≪盛岡市公共施設保有最適化・長寿命化計画による中央公民館の大規模改修工事≫
建物の外部・内部・建具・冷暖房設備・電気設備類の交換等により機能向上を図るための工事また、愛宕山老人福祉センターとの複合施設となり、工事は、平成30年度(2018)と31年度(2019)の2か年で実施する予定らしい。
工事期間中は、工事関係車両の通行のため、利用者に危険が伴うほか、作業中の騒音・電
気工事による停電・水道工事による断水など利用活動への支障が想定されるので、工事期
間中の貸館は困難、また同様に図書室、中村家住宅も閉鎖する予定とのこと。
庭園については、休館中でも維持管理が必要なため作業を継続しますが、別棟(愛宕亭・聖風閣・白芳庵)の貸館は行わず、庭園散策については現時点で未定とのこと。・・・ほぼ決定
(詳細は御確認下さいね。)
上記のことから庭園の紅葉ライトアップは暫く見られませんネ
平成32年(2020)の秋まで我慢しますか・・・(^^ゞ
『盛岡市中央公民館』
旧南部家別邸(中央公民館別館)、城下町盛岡を象徴する地域の文化遺産
和洋の意匠を織り交ぜた明治期建築の造形の規範となる建物として、文化財保護法に基づき平成25年(2013年)12月24日付で有形文化財に登録
明治41年(1908年)、明治維新後に華族となった旧盛岡藩主南部家の別邸として新築された建物設計監修は東京駅や岩手銀行中ノ橋支店旧館(旧盛岡銀行本店)などを手がけた葛西萬司氏その後、建物は岩手県産業文化館、盛岡市産業文化館、盛岡市公民館と変遷し、昭和55年(1980年)の改修により現在の姿となったもの。
【カツラマルカイガラムシ】カメムシ目マルカイガラム
広葉樹の枝や幹に付着して樹液を吸う。大発生すると枝枯れや枯死の原因となる。
2mm以下と小さく虫には見えないため、虫害と気付かないこともあると思われる。
年二回、貝殻の中で産卵し、孵化した幼虫は数日で定着して貝殻をつくるという。

« 新そば | トップページ | 盛岡八幡宮の紅葉 »

天候・気候」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡市中央公園の紅葉:

« 新そば | トップページ | 盛岡八幡宮の紅葉 »