フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ホーム

  • 気まぐれな風に吹かれて

最近のトラックバック

釣り三昧

« 温泉とらふぐ | トップページ | カブの近況 »

2019年2月 4日 (月)

温泉

最近、PCの前に座るのも億劫になりました💦
このままだとブログあっぷもおろそかに・・・
休日には近場の鶯宿温泉三昧
名湯「鶯宿温泉」の由来
大正年間(約400年前の開湯
その昔、傷ついた一羽の鶯が湯にひたって傷を癒していたことから鶯の宿と名付けられた。
その後、鶯宿と呼ばれ、鶯宿温泉になったと伝えられています。
鶯宿温泉『長栄館』 
源泉:鶯宿温泉(こまちの湯)
泉質 低張性弱アルカリ性高温泉 
泉温:46.1℃
湧出量 毎分300リットル 源泉掛け流し温泉
pH値:8.4
メタケイ酸   1.2mg/kg
メタホウ酸 56.8mg/kg
入浴料は1,000円
内風呂は大理石、露天風呂は半露天

Sh310114_12

半露天風呂から外を見ると
お湯が蒸発していく過程で植栽に霧氷が現認できました\(^o^)/

Sh310114_10

鶯宿温泉『川長山荘』から名称変更・・・鶯宿温泉『川長』

Sh310112_5

源泉:鶯宿温泉(あさひの湯)
泉質:アルカリ性単純温泉
泉温:52.0℃
pH値:8.9
湧出量:毎分475リットル 掘削・動力揚湯 源泉かけ流し
知覚試験:無色透明、無味無臭
メタケイ酸 70.7mg/kg
メタホウ酸  2.4mg/kg
平日浴料金600円、(日専連のカードで割引)
土日祝祭日800円
内風呂は小風呂が総檜風呂、大風呂が檜風呂
露天は石造りの湯船に屋根がかかっている。

Sh310112_3

源泉かけ流し
湯船から湯があふれ出していると気持ちが良いなぁ~

« 温泉とらふぐ | トップページ | カブの近況 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温泉:

« 温泉とらふぐ | トップページ | カブの近況 »